パリ小町 - 着物で何かできること @パリ -

"Paris Komatchi " - Soutenir le Japon en portant le kimono -

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japan expo に初出展!!

<☞Français>
<☞English>

JAPAN EXPO
12th impact

【日時】 2011年6月30日(木)~ 7月3日(日)
【場所】 Parc des Expositions de Paris Nord Villepinte



9.jpg

7.jpg

1.jpg



先日行われた Japan expo にパリ小町が急遽、初出展致しました!
今年3月末に発足したパリ小町にとっては大きなチャレンジであり、ビッグチャンスでした。
なぜなら、パリ小町自身がはじめて企画とオーガナイズをしたイベントだったからです。

わたしたちのミッション「日本の着物文化の豊かさを楽しくアピールすることで被災地復興のサポートを
促進すること」を実行するにあたって、現場でいくつかの試行錯誤がありましたが、結果は大成功に
終わりました。

4日間で義援金1207.45ユーロ19クローネが集まりました。

*************************************************
寄付金先は
『がんばっているNPO/NGOを応援するThink the Earth基金』
に決定し、JAPONAIDEを通じて全額振込を完了しました(2011年8月22日)!


ユーロ額: 1207.45€ (換算レート 1EUR = 110JPY)
振込合計: 132,820円

<寄付金先について>
Think the Earth基金 (日本語)
Think the Earth Fund (in English)
*************************************************

Japan expoとは、フランスで行われるヨーロッパ最大のジャパニーズカルチャーの祭典です。
そこは、伝統もオタクもハイテクもポップも、日本が持つ文化すべてがおなじ空間に無秩序に投げ出された
カオスのようなもの。

パリ小町のブースでは「浴衣または着物で写真サービス」を行いました。
着付けとフォトスナップをパリ小町が無料で行い、お客さんに募金をしてもらうという形です。
これがコスプレが盛んな Japan expo にぴったりな素晴らしいアイディアとなったのです。
一度火がつくと、嵐のように集客がありました。

お客さんはフランス人女性がほとんどですが、男性もちらほら。
たいていはパリ小町があらかじめ用意した浴衣を着せましたが、中には着物を持参される方も何人か
ありました。

印象的だったのは、晴れ着用の振袖と、名古屋帯、下駄にだらりのついた髪飾りセットを持参された女の子。
腰ひもと帯枕も持って来たけれど、でも襦袢と帯揚げ、帯締めの存在は知らず。
着付けてもらう準備万端でこられたようで、彼女の熱意に応えるために鞄の中身を見せてもらったところ、
幸い代用できるようなものがあったので、それを帯締めの代わりに使いました。
とっても喜んでもらえました。
そして自分の着物の着付けを見せながら、帯揚げと帯締め、襦袢が必要なことを教えてあげました。
explication de m?triels de kimono japonais


そうかと思うと、振袖姿に飾り帯(変わり文庫)でさっそうと現れたフランス人女性は、インターネットを
見てすべて自分で着付けたそうです。
そんな上級者もいるので、パリ小町に賛同されるフランス人も近いうちに現れるかもしれません。


また、パリ小町メンバーくらぽさんが持ってきてくれた和紙の
姉様人形がフランス人の女の子に受け、寄付のお礼に上げたところとても喜ばれました。
逆に、
「これはいくらで売っているの?」
と聞かれるので、
「寄付してくれた方にお礼で上げてるから、いくらというわけではありません」
と伝えると、みなさん気前よく寄付してくれました。


トータル4日間で着つけをした人数はすくなくとも150人以上だったでしょうか。


実際、着付けをこなし続けるのは、やってみて体力的にかなりきつい部分がありました。
そのうえ、パリ小町メンバー全員は最初から着付けを知っていたわけではなく、このイベントのために
各自が学習をしました。
パリ小町は決して全員が着つけのプロなどではなく、着物が純粋に好きだからゼロから覚えていこうとする
情熱がある、それだけのことなのです。
また、今回のためにボランティア5人の方々が集まり、着つけに参加して頂いた事も大きな助けになりました。

8.jpg

4.jpg

5.jpg

________________________________________
____________________________


現在 Japan expo を牽引しているのは、いわゆるハイカルチャー(伝統文化)ではなくサブカルチャー
(漫画、アニメ、ゲームなど)です。
事実、日本のなんとも独特で不思議で多元的な魅力というのは、このようなコンテンツ文化を媒介にして
こそ世界中にダイレクトに伝わっています。

「経済」で世界を席巻した日本は終わり、これからは日本は「文化」の大国になっていくと言われていま
すが、一過性ではないサブカルチャー人気を横目に、既存の伝統文化の方はどうなっていくのでしょうか。

日本のハイカルチャーとは、そもそも長い歴史で培われた技と匠と精神性に裏打ちされた高度な芸術です。
かつて黒船到来で日本が開国すると、それらはたちまち欧米を魅了しました。

それが今、決して目新しいものではなくなったかのような、ちょっと陳腐化さえした感じにとらわれる感覚は、
じつは文化の表層しか見ていないからかもしれません。

日本の伝統文化がいかに奥深いコアを持ったものかということを、その深淵さをこれからわたしたち日本人も
含めた世界の人々があらためて深く体験していく時代になるのはそう遠くないことだと、
このイベントを通して思いました。

温故知新。

3.jpg


(文責 : 霧子MiyaつかさNikihikoto

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

pariskomatchi

Author:pariskomatchi
パリ小町は、震災をきっかけにパリで発足したボランティア団体です。「着物で何かできること」はないかと、パリ在住の着物好き日本人女性の有志によって結成されました。復興支援のために、フランスで着物を通してできることがあると信じ、着物を羽織る機会を楽しみながら活動しております。

http://www.pariskomatchi.org/jp

Paris Komatchi est une association qui a débuté ses activités après le seisme du Japon. Elle a été établie par des japonaises qui habitent à Paris, avec l'envie d'aider ce pays en portant la tenue traditionnelle japonaise : le Kimono. Au travers du kimono nous pensons pouvoir soutenir le Japon depuis la France. Nous souhaiterions que beaucoup de gens pensent au Japon en découvrant le kimono.

http://www.pariskomatchi.org/fr

パリ小町 FACEBOOKページ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。