パリ小町 - 着物で何かできること @パリ -

"Paris Komatchi " - Soutenir le Japon en portant le kimono -

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草、ぞうりの専門店でセミオーダー。

着物は日本のものであるからに、パリ小町メンバーが個々に日本帰省した際には、やはり着物関連の買い物をしたり、情報を集めたりしてきます。

今回の帰省ではぞうりを購入する機会があったので、ちょっとご紹介します。

今年(2011年)3月にパリ小町が発足してから、手持ちのぞうり1足で活動して来たのですが、中古のもらい
もので合皮だったため、表面のエナメル塗装がぼろぼろと禿げてきてしまいました。
パリは石畳がまだ多く、また市の清掃車が朝掃除をしに来ますがそれでもあまりきれいとは言えない街です。
靴には負担がかかりやすいと思われます。

なにぶんパリ小町で着物を定期的に着ることがぐんと増えたため、ここらでちゃんとしたぞうりを新しく買う
ことにしました。
着物は「道楽」の世界と言われますから、本来は足元まで気を配るというものなのでしょうね。
でも道楽と言えるほどお金をかけてはいませんし(手持ちの着物と小物はすべてもらいものか拾いものです)、実際かけるつもりもなく(かけられない?)、それに時代的にも着物の楽しみ方はどんどん庶民的軽さ、
親しみやすさに近づいて来ているとも思います。


今回はネットで前情報を仕入れておいた東京浅草の長谷川商店に出向きました。
ここは着物用の履き物の専門店です。
実はなぜここを選んだかというと、こちらは問屋さんなので通常の小売り店より安く買えるとネットに書いて
あったからです。その場でぞうりに鼻緒をすげてくれて自分の足に合うように締め具合も調節してくれて、
5000円からと書いてありました。
ところが、お店の人が言うにはネットの情報が間違っていて、5000円ではあり得ないという事でした。
それに長谷川商店では、一頃からもう牛革のぞうりしかやらないそうです。
なるほど、実際にその場で自分のぞうりを作ってもらってその質と値段に納得しました。

はじめ、作る前に
「夏用、冬用、礼装用などそれぞれの用途でぞうりが違いますが何用ですか」
と聞かれちょっと戸惑いました。
道楽なんだけど、そういう道楽じゃない、もっと気軽にあまり細かいこと気にせずに。。。というのが
自分の着物の楽しみ方であるので、
「夏とか冬とか礼装用とかそういうの全部に対応できるオールマイティなのが欲しいんです」
と言いました。
そうしたら、数は少ないけれどいくつか色のバリエーションや表面加工のチョイスを見本で見せてくれた
ので、何にでも合いそうなぞうりの感じをイメージして選んでいきました。

↓こちらは跡継ぎ(息子さん)と思われる方が鼻緒の締め具合を調節してくれています。何回か試し履きを
して、自分の足へのフィット感を調節してくれました。30分くらいかかりました。そのあいだ、とっても
豊富な数のぞうりや下駄のそろった店内をじっくり見てまわりました。
でもたしかに、小売りではもっと高いだろうものがこちらでは抑えめの値段がついています。

hasegawa syoten1

hasegawa syoten2


結果、シンプルでとても品のあるぞうりに仕上がりました。
最初なので鼻緒はかなりきつく締め上がっています。
足袋を履いた状態であれば滑りやすく入りやすいですよと言われていたものの、先日あったイベント
「着物でジャック@Paris」で初めてこれをおろしたときはきつくてなかなか足が入りませんでした。
(これでもけっこうゆるくしてもらった方です)
でも牛革製なので、きっと履くにつれてしっくりしてくるでしょう。
足裏に程良いクッション感があり、心地よいです。

お値段は13000円弱でした。

hasegawa syoten zori


《 長谷川商店 》
東京都台東区雷門2-19-1
+81(0)3-3841-0144
平日のみの営業のようです。

(文責 : 霧子)

En français bientôt!

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.12/02 05:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.12/02 05:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

pariskomatchi

Author:pariskomatchi
パリ小町は、震災をきっかけにパリで発足したボランティア団体です。「着物で何かできること」はないかと、パリ在住の着物好き日本人女性の有志によって結成されました。復興支援のために、フランスで着物を通してできることがあると信じ、着物を羽織る機会を楽しみながら活動しております。

http://www.pariskomatchi.org/jp

Paris Komatchi est une association qui a débuté ses activités après le seisme du Japon. Elle a été établie par des japonaises qui habitent à Paris, avec l'envie d'aider ce pays en portant la tenue traditionnelle japonaise : le Kimono. Au travers du kimono nous pensons pouvoir soutenir le Japon depuis la France. Nous souhaiterions que beaucoup de gens pensent au Japon en découvrant le kimono.

http://www.pariskomatchi.org/fr

パリ小町 FACEBOOKページ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。