パリ小町 - 着物で何かできること @パリ -

"Paris Komatchi " - Soutenir le Japon en portant le kimono -

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DYNAMO-FUKUSHIMA

ボンソワみなさん。パリ小町のつかさです。
他の方が書いた記事には何度か登場してますが、メインで書くのは初めまして。
以後お見知りおきを!

さて、かなり遅くなってしまったいましたが、今回の記事は9月17、18日にグラン・パレで開催されたアート&カルチャーイベント、ヤン・トマ&ウエスト・ルミエールによる「DYNAMO-FUKUSHIMA 日本のためにエネルギーを提供しよう!」と言うインスタレーションに関してご報告です。

このイベントはあくまでアート&カルチャーと題して行われたイベントで、大々的にチャリティーを歌うものではありませんでした。

そこになぜパリ小町がーー?

それは、このイベントは福島を元気づけようというテーマのアートだからです。
以下の動画で、ぜひ展示の様子を見てください。



この動画を見ていただいてもわかるように、自転車を漕ぐとエネルギーが蓄積されて、大きなバルーンに収められた電球に光を灯します。合言葉は「日本のためにエネルギーを提供しよう!」でした。
もちろん、ここで発電された電力が日本にそのまま送られるわけではありません。
これは、気持ちと祈りのエネルギーです。

この9月のイベントが行われた時点で、震災からちょうど半年が立っていました。
私達日本人にとってはたったの半年。
しかし、遠く離れたフランスのこのグラン・パレに集まった人たちにとっては、「半年もあれば」と言う気持ちがあったかもしれません。
実際、日本はお金がある国だから大丈夫と思っているフランス人も少なくはありません。

そこでこの展示があった意味はなにか。

それは、震災があった事実を風化させないことと、日本の現状について知ってもらうことです。
今回、国の機関であるグラン・パレは大々的に募金活動をするのが難しく、私たちも募金箱を持つような直接的な寄付のお手伝いはありませんでした。
私たちパリ小町は、このイベントに訪れた多くのお客様を日本の一種のアイコンでもある着物で出迎え、福島について書かれた新聞と、ブティックでのJaponaideのバッジ、Ringonoのバッチ、福島の子どもたちが書いた絵はがきなどの売上が寄付されることが書かれているチラシを配りました。
着物姿自体が物珍しいからか、多くの人がその配布物を受け取ってくれました。
その新聞などに目を通し、気持ちをひとつに自転車をこぎ、光を灯して復興を祈る気持ちと言うエネルギーを日本へ送る。
直接それでどうというわけではないけれど、この気持が、必ず何かの実を結ぶと私は信じています。
また、この展示には自転車を漕ぐのを止め、参加者が「日本頑張れ!」と声を上げる時間がありました。
日本には”言霊”と言う言葉がありますが、この時声に出した応援の気持ちは、まさにその言霊になって日本へ送られたのだと思います。

最後に、このイベントがあった日曜日、フランスは文化遺産デーでした。
いろいろな美術館や博物館、大統領官邸などが無料で一般公開される日です。
このDYNAMO-FUKUSHIMAには、この二日間で16500人の入場者があり、文化遺産デーとしては国内第3位の入場者を記録したそうです。
本当に多くの人が、この時日本に思いを馳せて、そして復興を祈ってくれました。

(文責 : つかさ)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

pariskomatchi

Author:pariskomatchi
パリ小町は、震災をきっかけにパリで発足したボランティア団体です。「着物で何かできること」はないかと、パリ在住の着物好き日本人女性の有志によって結成されました。復興支援のために、フランスで着物を通してできることがあると信じ、着物を羽織る機会を楽しみながら活動しております。

http://www.pariskomatchi.org/jp

Paris Komatchi est une association qui a débuté ses activités après le seisme du Japon. Elle a été établie par des japonaises qui habitent à Paris, avec l'envie d'aider ce pays en portant la tenue traditionnelle japonaise : le Kimono. Au travers du kimono nous pensons pouvoir soutenir le Japon depuis la France. Nous souhaiterions que beaucoup de gens pensent au Japon en découvrant le kimono.

http://www.pariskomatchi.org/fr

パリ小町 FACEBOOKページ

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。